• ホーム
  • 「外注」でSEO効果の高いコンテンツを手に入れる!

「外注」でSEO効果の高いコンテンツを手に入れる!

SEO効果を効率よく期待するためには、クラウドソーシングで記事の外注をする方法があります。記事を外注することで時間をお金で買うことができるため、多くの時間をライティングに費やす必要がありません。クラウドソーシングにはクラウドワークスや、ランサーズ、ココナラやイノーバ・メトロンなどがあります。
こうしたものは、フリーランスで登録している人が、外注として依頼された記事を作成するシステムです。業者によってジャンルの得意不得意などがありますし、費用も変わってきます。ココナラやイノーバ・メトロンを利用することは、メリットの方が大きいですが、自動化することができますし単価が安いこともあります。フリーランスで働いている人に任せるので、大量生産ができることが大きなメリットです。
個人であれば自分で記事を作れば本業に支障が出るほど時間を費やすことになりますが、メトロンに依頼すれば企業レベルで記事の量産ができるという特典があります。特に大量生産というところが大きなポイントで、100記事を外注することで他のことを全て一人で行うことができます。1人ライターを雇って記事の作成をするよりも、結果的に安いです。
逆にデメリットはSEO効果の面から、概要でもディレクションが難しくなります。突然ライターがいなくなったりすることで、マネジメントが難しくなります。クラウドソーシングは基本的にリモートでディレクションが可能なため、全てをマニュアル化する必要があります。クラウドソーシングの業者の概要は様々ですが、ライターは正社員などではないので自由に飛び回る可能性も高くなります。5割くらいはいなくなることを考えて採用しておいた方が、リスクを回避しやすいです。ランサーズやクラウドワークスはクラウドソーシングの中でも有名で、よく比較される対象ですし両方に登録しているフリーランスも少なくありません。
ランサーズの方が少し売り上げが大きいので、それだけ質の良いライターも集まりやすいところがメリットです。外注先の選び方は様々なところで募集するなど、スキルの低い人ばかりが集まらないようなコツが必要になります。スキルの高いライターが集まりやすいところは、大手のクラウドソーシングです。仕事量も多いので本職としてライターをしている人が多く、大手の数社を掛け持ちしていることも少なくありません。業者によって報酬も違うのですが、仕事の量や質も違うのでトータルで見ると掛け持ちしている方が稼ぎやすいと言えます。