• ホーム
  • 【SEO効果】画像の「alt属性」は意外と重要だった

【SEO効果】画像の「alt属性」は意外と重要だった

画像検索などの非テキストコンテンツを用いるケースでは、コンテンツが伝えている情報を、解釈を目的にして代替テキストを提供していることが特徴です。alt属性は画像の代替テキストの情報となり、テキストブラウザや音声読み上げブラウザではalt属性に記載されている内容がテキストとして表示されます。
特に画像検索で非テキストコンテンツを用いる場合は、ユーザーが非テキストコンテンツが伝えている情報を解決できるように提供していくことがポイントです。代替テキストの提供により、情報が解釈できるようになりますし、画像が伝えている情報の処理も可能になります。SEO効果を期待することはもちろんですが、Googleでは特に情報を伝えている画像は背景画像として表示させます。
ユーザーにとって利便性のあるコンテンツが基本形となっているので、画像を非表示にしている場合はその代わりに代替テキストを表示するシステムになっています。情報量が多い時には本文のテキストなどを提供する方法もあり、情報を伝えることになる画像はユーザーが利用しているブラウザのハイコントラスト表示になります。サイト内に存在しているものがブラウザ上の問題などで表示されなかった時に、テキスト表示されますがそれが設定されていることにより、読み込めなかった時にもユーザーがどのような内容のものなのかを理解することができます。このような利便性を図ることでさらに簡単にコンテンツを訪れることができますし、わかりやすいコンテンツとして認識します。
視覚障害者の場合はパソコンを使用する時にスクリーンリーダー・音声ブラウザを利用することが多いです。読み上げられている音声でコンテンツの情報を理解するのですが、スクリーンリーダーや音声ブラウザは画像や動画などの非テキストコンテンツの内容を理解することができません。従って音声で読み上げることもできないので、簡潔に補助する働きを持っているのがテキストになります。
SEO効果も期待できるので、クローラーが画像の内容を理解しGoogle画像検索などの表示をします。これにより画像の内容に沿って意味を持っているキーワードを簡潔に入力していくと、ユーザーにとってもわかりやすいサイトを作ることに拍車がかかります。クローラーに対してもわかりやすいサイト作りにすることが、SEO対策の中でもポイントになりますので、検索順位の上位表示を目指すことができます。