• ホーム
  • サイトの「表示速度」を上げよう!役立ちツールも紹介

サイトの「表示速度」を上げよう!役立ちツールも紹介

Google PageSpeed InsightsはGoogleが公式で提供しているツールで、Webページの表示速度計測を行なっています。URLを入力することにより100点満点の中からスコアが表示されるようなシステムで、ユーザビリティを特に向上させるためのツールとして使われています。
JavaScriptはプログラミング用語として使われていて、ユーザーから見たWebサイトとWebブラウザやサービスの相互間をやりとりし、円滑にするために使用されているものです。スピードアップデートやブラウジングでも、その中で使われているJavaScriptの処理によるもので、サイトの外観デザインなどの使い心地でも評価されます。
GoogleWebマスター向けの公式ブログでは、Google PageSpeed Insightsの評価方法を変更していることが発表されました。分析検索エンジンとして新たに採用されたツールで、ページ表示速度のスコアが悪化しているサイトが多く報告されているケースもあります。CSSやスピードアップデートはホームページの表示速度が重要視されていますが、これはユーザビリティやSEOにも影響が強く出る要素です。さらに重要度が増しますが最適化しているホームページの表示速度が、重要視される理由について確認する必要があります。改善策としては画像数を少なくすることもひとつの方法ですが、UX向上も加えていきます。
最適化されていても遅いページはユーザからの離脱を招く原因となり、ユーザーに快適に閲覧してもらえるかを左右します。有益なコンテンツを制作していても表示されるまでに時間がかかってしまうと、ユーザーに大きなストレスを与えることにつながります。内容を見る前からページを離脱する可能性もあり、さらに他のサイトに移動することがわかっているので、ユーザーに対して迅速に情報を提供することが基本となります。直帰率も高くなり、SEO対策でもウェブページのスタイル指定を行なっていくCSSで対応します。
これらをどのように装飾するかを指定するので、SEO対策の面でも表示スピードを上げてくれます。読み込み度が早く、ユーザーにストレスを与えないページは直帰率をあげる要因の一つになります。Googleは検索結果の表示でUX向上もありますが、アルゴリズムの更新を頻繁に行なっていることも事実です。コンテンツの表示速度を上げるためのツールは不可欠で、思い画像などは軽くするように改善していきます。