• ホーム
  • サイトのデザインはSEOに関係あるの?

サイトのデザインはSEOに関係あるの?

Googleが発表しているモバイルファーストインデックスは、今までの検索エンジンがパソコンサイトのみの内容をもとにしてインデックスしているコンテンツの質を評価していましたが、現在はスマートフォンなどのモバイルサイトの評価の主軸としインデックスする方針にしました。またインデックスとは検索エンジンが派遣しているプログラムと一緒で、クローラーというものがコンテンツの内容を読み取って検索エンジンのデータベース内に登録する状態のことを言います。
Googleではユーザーファーストとも言いますが、検索エンジンの基本的な仕組みを使うため、SEO用語を中心として見ていくことが大切です。これを理解しておくことで、コンテンツの集客力アップにつながります。ユーザーにとって利便性のあるコンテンツを制作することが主軸となり、見せ方も変わってくるのでユーザーファーストはとても大切です。モバイルファーストインデックスをした後は、誘導を考えモバイルサイトのコンテンツが検索順位を決定させるので、その情報をもとにして検索エンジンは判断していきます。
モバイルファーストインデックスが適用されているコンテンツでは、クローラーがモバイルサイトを中心に巡回していきますが、検索エンジンのデータベースにはインデックスがされています。パンくずリストはユーザーがコンテンツ内のどこにいるのかを、階層を表示することで視覚的にわかりやすくします。上位の階層となっているサイトの順にリストアップすることで、リンクを設置してるリストのことを指すので、一般的には最上部に記載されています。これによりモバイルサイトだけではなく、コンテンツが判定の基準になりつつあります。
パンくずリストなどもWebデザインと関係してきますが、モバイルサイトのページ内容はメインの判断材料にはされていなかった過去があります。この見せ方は検索した時にパソコン検索時と同様の結果表示にしていたわけではないので、文字や画像の大きさ・レイアウトをモバイル画面に最適化することが必要でした。ユーザーが見やすいWebデザインにすることで、検索順位を必然的に上昇させることができモバイル対応されていないものが下落していました。ユーザーにとって利便性のあるコンテンツを主軸とすれば、ぶれることがなくSEO対策に打ち込むことができます。被リンクから誘導されてくるユーザーは、モバイル対応しているかどうかの判定基準になっており、モバイルフレンドリーとも呼びます。