• ホーム
  • 最強SEO診断ツール決定版!ツールを駆使してPDCAをまわす

最強SEO診断ツール決定版!ツールを駆使してPDCAをまわす

タブレットを使用する男性

SEO対策をするとき、活用できるツールは様々ありますが、一つのツールでも様々な用途、適切なものを選ぶことが大切です。まず、データを取得できる無料ツールとしてGoogle Search Consoleがありますが、自分のサイトをはじめ、他サイトがどのようなSEO対策をとっているのかを分析することができます。
自分のサイトを分析することには大きな利点がありますが、検索順位のチェックを行う時はブログ解析のSEOチェキ!が大きな効果を見せます。これはターゲットのキーワードを使って記事を書いたとして、検索順位チェックを使用することで、自分がGoogleなどの検索エンジンの中で何位にランクしているのかを調べることができるツールです。Google Search Consoleで分析することもできますが、SEOチェキ!の方が手軽に調べることが可能になります。外部リンクはサイトを他サイトの中でリンクを貼られていることで、その個数が多ければ良いです。ふたつのリンクが自分のサイト以外の他サイトに繋がるということになり、有益な方法となっています。
SEOTOOLSはSEOアクセス解析を行うツールで、無料で簡単にサイトのSEO最適度を分析するツールです。他サイトでボタンなどを設置していると、それもカウントされるようになるので外部リンク数が多い場合は、離脱する可能性も高くなります。SEOTOOLSを使えば、結果をリアルタイムに知ることができるので、かなり対策をとりやすくなりますし、改善するべき部分がはっきりわかります。PDCAなどのキーワードの改善を行う時は他サイトと比較をすることもあります。SEOチェキ!で狙っているキーワードを書くこともありますが、他サイトはどのような単語を使用しているのかを見ることができます。
比較する場合の割合もすぐにわかりますし、自分が書いている記事の中で同様のキーワードをたくさん取り入れることで、スパムと間違えられ逆効果になる可能性があります。方法としてはキーワードの設定をし、意味のない空白サイトを作らないようにしインデックス数を調べます。SEOチェキ!で検索すれば全てのサイトのインデックス数がわかり、Googleが認識しているブログの記事数としてカウントされます。用途は様々ですがインデックス数が多ければ、インデックスがされているかを知ることができます。PDCAでもGoogleなどのデータベースに記録されるようにし、ツールを駆使してSEO対策に取り組んでいくことで、さらに検索順位の上位表示となります。