• ホーム
  • 被リンク対策を伝授!バックリンクでSEO効果を格段に上げよう

被リンク対策を伝授!バックリンクでSEO効果を格段に上げよう

色々なSNSのサイト

被リンク対策は、Googleガイドラインをしっかりと踏まえながら行う必要があります。中古ドメインを取得するときには特に、被リンクはとても重要なポイントとなります。自分のサイトの中で常に確認をする習慣をつけておくことが大切ですが、初心者やネットビジネスの知識がない人もいます。Googleガイドラインについて詳しく知らず、間違った被リンク対策をすることでペナルティを受けることもあります。
また、すでにペナルティを受けている危険性がある被リンクを持っている中古ドメインを取得し、サイト運営をすることで逆の効果を得てしまいます。良質なコンテンツを定期的に作り続けても、質の悪い中古ドメインを使用し被リンクをつけられたりすればSEO効果が期待できません。中古ドメインの販売サイトでも確認せずに売られていることもあるので、運営しているサイトをしっかり守るためにも注意が必要です。質の低いバックリンクがついているケースもありますが、これが多ければ多いほど良いという認識を持っていると間違いやすいです。質の低いバックリンクが多くついていると、Googleガイドラインに違反しペナルティを受ける可能性が出てきます。
ページランクの高いサイトからの被リンクがついている方が良いと言われていたのは昔のことで、現在はバックリンクはGoogleウェブマスター向けでのポリシーにも違反しています。Googleはユーザーにとってオリジナリティがあり、宣伝や良質なコンテンツを提供するサイトを運営するように推奨しているので、品質が低くコピーされた内容が重複しているコンテンツを持っているサイトは違反します。被リンク元でのサイトがさらにコピーコンテンツを作っている場合も、自分のサイトがペナルティの対象となるので気をつける必要があります。
基本的にはナチュラルリンクがついていることが前提ですが、被リンクを販売しているケースもあり宣伝に使用するとリスクが高くなります。質の低いコンテンツなどのリンクを提供している可能性もあるので、SEO効果での評価を下げるようなリスクは取らないようにします。ドメインでも共有しているものは他のサイトが、ペナルティの対象となっているとき影響を受けやすいです。ナチュラルリンクは特に意識する部分ですが、被リンクをできるだけ多く獲得することも大切なポイントになります。ページランクは運営しているサイトとは関係のないバックリンクからなっていることもあり、Googleから評価してもらえる対象になっていません。
共有サイトを使用しているときにも、関連しているかどうかを判断できるレベルに達しています。関連が薄い被リンクが貼られている場合も、否認をしたり削除をする必要があります。